メインビジュアル

港区白金高輪駅徒歩7分 骨粗しょう症 股関節疾患

〒106-0047 東京都港区南麻布2-14-19 オキノビル1F

お問い合わせ03-3441-1178

MENU

院長紹介 director

院長について

ご挨拶

院長先生

吉田整形外科院長の吉田雅之です。
整形外科は運動器、つまり体を動かす器官を扱う科です。
体をいつまでも元気に動かしたいですよね。でも、腰痛・肩こりなど痛みで動きにくい方はたくさんいらっしゃいます。
私は、適格な診断と治療および生活指導などで、皆様の「痛み」が改善するよう、心がけて診療に当たっています。
軽い痛みでも気軽にご相談いただければ幸いです。

院長紹介

吉田整形外科院長  吉田雅之

私は1982年(昭和57年)に浜松医科大学を卒業後、ただちに昭和大学藤が丘病院整形外科医局に入りました。
この医局は当時最もフレッシュな医局で、股関節・膝・肩・脊椎など各分野のスペシャルな先生方が最先端の医療を行っていました。
私はここで、幅広い整形外科の知識と実践を身につけつつ、研究面では、股関節や骨粗鬆症を専門に行っていました。
その後、アメリカ・ヴァージニア大学へ留学し、骨粗鬆症を中心とした研究と、世界最先端の治療の研鑽を行いました。

帰国後、東京女子医科大学の講師に就任し、股関節専門医となりましたが、常に他部位の診療、手術も同時に行っていました。この間、リウマチ専門医・リハビリテーション専門医だけでなく、脊椎手術も行っていたため脊椎脊髄病医も取得しました。
1999年(平成11年)新葛飾病院整形外科部長に就任すると同時に、東京女子医科大学の助教授に就きました。
2001年(平成13年)地域医療に今までの経験・技術・知識を生かすため、吉田整形外科を開院しました。

その後も医学は日々進歩しますので、積極的に講演会に参加し、多くの先生方と交流し意見交換をするように心がけています。また自ら、学会発表や講演も行っていますが、常に最新の知識を吸収するよう努力しています。

略歴
昭和31年
3月22日生
昭和57年
浜松医科大学医学部卒業
昭和57年
昭和大学藤が丘病院整形外科入局
平成1年
同整形外科助手
平成3年
米国ヴァージニア大学整形外科留学
平成4年
昭和大学藤が丘病院整形外科帰局
平成4年
新東京病院整形外科部長
昭和大学藤が丘病院整形外科兼任講師
平成5年
東京女子医科大学第二病院整形外科講師
平成11年
新葛飾病院整形外科部長
東京女子医科大学整形外科派遣助教授
平成13年
吉田整形外科開業
平成18年
東京臨床整形外科医会理事
平成19年
港区医師会整形外科医会副会長
平成26年
日本臨床整形外科学会代議員(現在は終了)
平成27年
日本整形外科学会メンバーシップ委員(現在は終了)
平成31年
港区医師会整形外科医会会長
〜現在
吉田整形外科院長

資格
  • 医学博士
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本リウマチ財団登録医
  • 日本リハビリテーション学会臨床認定医
  • 日本スポーツ協会公認スポーツドクター
  • 日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医

矢印
TOP